« 『恋愛指南役』 | Main | 『ガッツでいこう!』 »

2004.06.19

『お母さんの手』

「よもぎの森」よもぎの森さんの短編。
 TOP>本文。速攻♪
 こういうの、現代ファンタジーっていうんでしょうか。でも現実にありそうな良いお話だったので、カテゴリ的には現代としておきたいと思います。

 泣くから

 いや、もうホント。「うるうる~」というか「しみしみ~」というか、そういう静かな涙で、「ダスヴィダーニャ」さんの『グリゼルディス』とは違った種類になりますね。あちらに氷雨のように切ない涙を想うなら、こちらは人肌で暖められた涙のような感じです。
(なんか自分、小説に書くより綺麗な修辞術を使ってる気がするぞ)

 驚きを求めるストーリーではありません。
 文章の端麗さを味わうという物語でもありません。
 叩きつけるような激しい心理描写も存在していません。
 ただ、ゆっくりと、しっとりと味わって、感じたものを大切に胸にしまっておきたくなるのです。

« 『恋愛指南役』 | Main | 『ガッツでいこう!』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『お母さんの手』:

« 『恋愛指南役』 | Main | 『ガッツでいこう!』 »