« 『速水シリーズ』 | Main | 『傾城の花』 »

2004.06.16

『Psychedelic KATSURA Show』

「裏熱海」周さんの短編。
 TOP>Novel>本文。
 どれを挙げさせて頂こうかなぁと悩んだ挙げ句「取りあえず、これ」って感じです。
 全部、好きなんですよ。
 官能的なので、そうした趣向がお嫌いの方はお気を付け下さい。

 いわゆる「18禁」でなく、こちらの作品は本当に「官能文学」だと私は思います。
 言葉が綺麗。シーンが綺麗。必要最小限の描写で無駄なく厚みを出している──そんな気がするのです。

 何しろ「サイケデリック・カツラ・ショウ」と来た日には(爆)
「元ネタがあるんですよ~」と周さんは謙遜しておられましたが、このタイトルセンス、むっちゃ好きです。
 そしてこんなに肉感的でファンタジックな世界観を作っていながら「全然エロくないんですよね」と言っちゃうところも好きだったりします。本番シーンがあってもエロちっくじゃないストーリーとか、そんなシーンがなくても官能的な物語もある……この作品が前者だとは思わないのですが、もしそうだとしても、クオリティの高い前者だと思います。

 ストーリーを追うのでなく、文章を楽しむ、という読み方。
 それもアリなのですよね。

« 『速水シリーズ』 | Main | 『傾城の花』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『Psychedelic KATSURA Show』:

« 『速水シリーズ』 | Main | 『傾城の花』 »