« 『SFファンタジー・リオン』 | Main | 『名古屋の中心で、愛を叫ぶ』 »

2004.07.13

『蜘蛛の糸』

「HAMON HAMON ORIGINAL」大宮レンズさんの短編。
TOP>メインページ>NOVEL>本文
 SFとファンタジーの2本柱で連載してみえるレンズさんちの現代ものを記事に書く私。

 この痛さがっ!(←またかい)

 一番始めにお邪魔して読んだ作品というのは、印象が深いですね。惹かれた理由は「女のダークな心理面」。ホント好きですな私_| ̄|○
 そのキーワード通りにゴリゴリと、それでいてさりげなく、余すところなく。心理描写の時に「さりげなく」というのは、かなり難しいと私は思う。つい書きすぎてしまう(というのは私だけじゃないはず(凹))
 逆に状況描写なんかは、読み手さんにその自分が見ているものを伝えることを忘れてしまって「このキャラ、どこに立ってるの?」というのが分からない場合も多い。
 そのまた逆に、場所の描写がいらない場合もある。それが、心の内面だけに沈みこんで、深くどっぷりと彼女の気持ちに同調して欲しい場合だ。
 そのバランスが良いなぁ、と思った次第でした。

 自分の我が侭を我が侭と思っていない友達からの電話は、手に取る前から憂鬱で……。
 分かる! 分かるよぅ!!(TT) と言いたくなるほど同調させて頂きました。

 この手法と実力が発揮されている2大連載にも私、ただ今トリコさんです(笑)

« 『SFファンタジー・リオン』 | Main | 『名古屋の中心で、愛を叫ぶ』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『蜘蛛の糸』:

« 『SFファンタジー・リオン』 | Main | 『名古屋の中心で、愛を叫ぶ』 »