« 『シャム猫王子は穏和に笑う』 | Main | 『フィーア島殺人事件』 »

2007.08.28

『さよなら』

 こういうのは現代ものなんだろうか? ああ、いや、うん。現代小説です、と言って勧めたい(笑)。

 エンリック匙のaniさんには、いつもやられている気がします。
 さて今回拝読の品は(品って)

「さよなら」 works>さよなら>本文

 おそらく誰もが一度は経験したことがあるだろう別れ。
 淡々とした文章に織り込まれているジョークが、笑えるのに寂しくて心に染みて、ああ、この子たち、いい子だなぁ……と感じました。
 ラストの締め方がまた巧い。持って行き方なんか計算されつくしていると思います。手法とか計算とか書くのホント野暮ですみませんって感じですけど書いちゃった(^_^;
 切なかったけど納得もした、いい読後感を頂きました。

 いつ、お書きになった作品だろう?
 下に「Copyright (c) 2006 」って書いてあるんですけど……こんなトロい読者がリンクしてもらってて、すみません、aniさん ○| ̄|_
 ネットには、こんな読み手も徘徊しているようです。

 なお、こちらの記事は、有沢ケイさんの「ネット小説を読もう」キャンペーンに参加し、トラックバックを送らせていただいてあります。

« 『シャム猫王子は穏和に笑う』 | Main | 『フィーア島殺人事件』 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『さよなら』:

« 『シャム猫王子は穏和に笑う』 | Main | 『フィーア島殺人事件』 »