« 140字の短編 | Main | 継続は力なり »

2011.02.19

もいっちょ140字

 昨日あれから、もう3作書いたので、下に載せておきます。
 イベントごとは楽しいですねv

 満月企画『きさらぎ満月譚』参加作品


「月が綺麗ですね」そっと呼びかけ、私はあなたの手を握る。
 いつもゆるりと逃げる手が、今夜はそっと包んでくれた。
「冷たい手だ」
「平気です」
 私の頬笑みを受けて、あなたも口角を上げてくれた。
 つないだ手と心が暖かいから、せめて今日が終わるまでは、歩いていましょう。


「本当に、月が綺麗で」
 呟き、あなたの腕にしがみつく。このたくましい腕が私の欲望に応えてくれる日は来ない。
「お嬢さん、そろそろ」
「駄目です。まだ歩きます」
 いっそ月に行くみたいに、2人で逝きませんかと誘いたいけど、本当にご一緒して下さりそうで、さすがに言えません。


「確かに、月が綺麗ですね」
 駄々っ子な私に呆れる彼が、私の頭を撫でる。
 片方の手はつないだまま、彼はかがんで私に頬を寄せ……帰ろうと言われるのかと身を固くした私に、彼は「どこまで歩きますか?」と囁いた。
 思わず「どこまでも」と応えると彼は「承知」と微笑んだのだった。


 3部作にしてみたv
 改行した方が読みやすいかなと思ったのですが、どうでしょうか。
 ツイッターじゃ改行なしですからねー。改行してなくても読みやすく書けてれば御の字でございますが。

« 140字の短編 | Main | 継続は力なり »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もいっちょ140字:

« 140字の短編 | Main | 継続は力なり »