音楽

2009.01.19

こんなところに伏兵が!(兵ちゃうし)

 友達と遊んだカラオケの出し物(笑)に、これを歌おう! と教えられ。その中でもチョイスされたのは、かなりネタ色濃い「人生は入れ子人形」だった次第ですが(笑)。
 難しかった☆ でも面白かった。ぜひ再チャレンジしたいです。こういうの歌ってもドン引きされない友達と

 ハマっちゃったので他にも色々聴いてみて一枚買ってみようかなぁなんて、ちょろちょろ見ていました。

Continue reading "こんなところに伏兵が!(兵ちゃうし)" »

2008.06.05

違うじゃん!?

 昨日の記事について。
 今朝ふと皿洗いしながら口をついて出た「風見鶏」が、

              ソ ソ~♪
     ファ~ ファ~
  ミ~

 だった件について。

「home」の歌いだしと、全然ちがうやん……( ̄□ ̄;;;

 ゴメンなさーい、ゴメンなさーい; なぜ一緒だと思ったんだ私; っていうか両方を聞き直せよ、記事にする前に。自分。
          ◇

 ドキドキしながらメールチェックをしましたが、ご指摘のコメントは届いていませんでした。
 いやホント自分の耳と記憶力にビックリ(←おい)。

2008.06.04

同じじゃん!?

 カラオケ好きです。
 好きな曲は主に「カラオケで自分が歌いたい歌か否か」が、バロメーターです。
 それ以外も好きですけどね。

 今のお気に入りは木山裕策の「home」です。
 あとコブクロの「風見鶏」も練習中です。

 そしたら、不思議な現象が!

Continue reading "同じじゃん!?" »

2005.07.22

Musical Baton

 諏訪間千晃さんがブログで流行中の「Musical Baton」を渡してくれたので、答えてみたいと思います♪ 以前に日記で答えたものだったのですが、せっかくブログ書きだしたので、こっちに残しておこうかと思って。
 しかし諏訪間さんのお答え……デュラン・デュランしか分からなかったわー(^^; 坂本美雨ちゃんは聴いたことないんで、今度聴こうと思いました。お父さん好きなんで(笑)。

 では、さっそく。質問事項は5つでした。

■コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
 136MB。友達のオリジナル曲をダウンロードするだけなので。
 先日DVDでも観てみよう♪ と思ったらソフトが起動しませんでしたし、うちのパソ……。そろそろヤバい。マジでヤバい。

■今聞いている曲
 毎朝と夕方に谷山浩子がエンドレス
 みずきあかねさん有難うー♪ 「まひるのひかり」他すべて暗記できてそうです昨今の私。もう一本頂いた方は、すでにびよびよになりました(←そこまで聴くか)。

■最後に買ったCD
 買ったのはチャゲ&飛鳥、貰ったのは中島美嘉。
 チャゲ&飛鳥を買ったのも、いつだったか……3年前?(←そこまで)

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
 よく聞くのは、
 平原綾香
 谷山浩子
 breath
 Amanda Marshall
 Stardust Revue
 車に積んであるテープですが。

 思い入れ?

『天空の城ラピュタ(久石穣)』
 名曲だ。学生の時ピアノで弾いてみたくてものすごく頑張った。今はこれっぽっちも弾けませんが、ちなみに私はピアノを習っていません(曲を聴いて、鍵盤で音をなぞってつなげた女)。

『海神(SENS)』
 この曲が物語を浮かべた第一作だった。イタイヤツでゴメン。

『on your mark(チャゲ&飛鳥)』
 心の曲です。後ろ向きになる時は心で歌います。退かんで。

『大迷惑(UNICORN)』
 なんか大好き。元気になれます。元気になれる歌が好きです。ポケットビスケッツもいいね。

『惑星(HOLST)』
 ジュピター以前から、約20年前から好きです。これを聴いて「すごーい平原綾香の歌がオーケストラになってるー♪」なんて言いませんよ。

 ……って感じでしょうか?
 どっちかって書いてあるのに11曲も書いちゃったよ。

■バトンを渡す5人
 思いつかないので放置。
 誰か気が向いた方はいらっしゃいませんか~(←おい)。

2004.07.20

『Sword Art Online』

「WORD GEAR」九里史生さんの長編。
TOP>小説>本編
 近い将来、絶対こうなるんじゃない? と思われるバーチャルリアリティゲームの世界を見事に描き上げちゃいました。

 やーらーれーたー

 ていうかね、あのですね。ホントぶっちゃけ白状しますと、まったく同じプロットを持っていました私。デンジャラスドラゴンって仮名でプロット立てました、はい。しかも意識がゲーム世界に閉じこめられてですね、皆ゲーム中に経験値を上げてラスボスを倒して現実世界に帰るしかないってぇストーリーだったの。
 きっと皆、ネタとしては思いつくレベルなのですよね(苦笑)
 まだ捨てませんよ。まだ捨てませんけど……正直、これを超えなきゃいけないのかと思うと、具体的な壁が見えると軽く凹めます。うあーん;
 すごい良かったよぅ~!(←泣くなよ)

 そうした発想を、骨太なテーマで支えつつ物語性と文章力でもって、精密に淡麗に作りあげた世界観が、どえれー魅力でございました。もう最後にどうなるんだか。うあー。気になる。一気読み。またかい私。はい、またです。
 完結なさってて良かった(TT)